COMPANY 会社情報

代表者紹介

なによりも、
お客様に喜んでもらうために。

運送会社としてやっていく以上、
数多くの荷物を運んで売上を上げ、利益を出さないといけません。
しかし、その利益はお客様満足の後にしか来ないと、私は考えています。

だから、いかにしてお客様に喜んでもらえるかを考える。考え続ける。
お困りごとはないかとつねに心を配り、
お手伝いできることがあればすぐに行動を起こします。

お客様に喜んでもらえて初めて、適正な対価が発生します。
そして、お客様に喜んでもらえるからこそ、こちらも幸せな気持ちになれるのです。

株式会社丸麦運輸
代表取締役 麦踏 勝吉

丸麦運輸社長 麦踏勝吉

(一社)大阪府トラック協会大正支部 支部長
(一社)大阪府トラック協会 常任理事
(一社)大正工業会 理事
近畿交通共済共同組合 理事 契約推進委員長

会社概要

会社概要

名称
株式会社丸麦運輸
所在地
【本社営業所】
〒551-0002 大阪市大正区三軒家東5-3-17
TEL. 06-6551-9420
FAX. 06-6554-7690

【滋賀営業所】
〒520-3203 滋賀県湖南市日枝町4-5
TEL. 0748-75-3331
FAX. 0748-75-3330
創業
昭和26年5月(運送免許:昭和35年9月取得)
会社設立
昭和60年5月9日
資本金
3,500万円
代表者
代表取締役 麦踏 勝吉
事業の内容
1. 貨物自動車運送事業
2. 貨物運送取扱事業
3. 倉庫業
認可番号
大陸4331号(昭和35年9月2日取得)
免許の区域
近畿圏
従業員数
15名
主要取引先
株式会社山崎機械製作所・井上特殊鋼株式会社
トールエクスプレスジャパン株式会社
株式会社津田金属熱煉工業株式会社・桃栄金属工業株式会社
コマツ物流株式会社・阪和興業株式会社・菱倉運輸株式会社 他
株式会社山崎機械製作所
井上特殊鋼株式会社
トールエクスプレスジャパン株式会社
株式会社津田金属熱煉工業株式会社
桃栄金属工業株式会社
コマツ物流株式会社
阪和興業株式会社
菱倉運輸株式会社 他
取引銀行
大阪信用金庫・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行
(※平成29年4月1日現在)
沿革

沿革

昭和26年5月
麦踏敏吉が丸麦運輸を大阪市大正区に創業
昭和35年9月
一般区域自動車事業の免許を取得
昭和57年12月
麦踏敏吉の死去により麦踏美奈子が丸麦運輸を継承
昭和60年5月
資本金1,500万円で株式会社化、麦踏美奈子が代表取締役に就任
昭和62年9月
麦踏美奈子の死去により麦踏勝吉が代表取締役に就任
平成2年7月
自動車運送取扱業の許可を受ける
平成16年3月
滋賀営業所を滋賀県湖南市日枝町に新設
平成16年7月
増資により資本金3,000万円となる
平成18年2月
グループ会社・有限会社マルムギを資本金300万円で設立
平成18年3月
有限会社マルムギが自動車運送取扱業の許可を受ける
平成18年4月
傭車取扱部門を有限会社マルムギに移管する
平成18年10月
滋賀県湖南市日枝町に滋賀物流センター(約1,500坪)を建設
平成27年7月
増資により資本金3,500万円となる
安全対策

安全対策

輸送の安全に関する当社の取り組みについてお伝えします。

1. 安全に関する基本方針

・安全は顧客を満足させる
・安全は全ての業務の基本である
・法令遵守を徹底し安全運行をする(特に速度制限)

2. 安全に関する目標

・事故発生ゼロを目指す(車、人、荷物全てにおいて)

3. 安全に関する計画
全運転者に安全運転教育訓練を各事業所年2回以上実施する
デジタルタコグラフを活用して、急発進、急加速、急減速の禁止と車間距離を取ることを指導する
関連諸団体の実施する安全運転講習会への参加を促進する
運行管理者の指導教育
4. 安全確保責任に関する社長の取り組み
社長は輸送の安全の確保に関する最終的な責任を有する
社長は輸送の安全の確保に関し、予算の確保、体制の構築等必要な措置を講じる
社長は輸送の安全性の向上を図り、輸送の安全を確保するため業務の実施及び管理が適切か確認し、必要な改善を行う
5. 事故災害等に関する報告連絡体制及び指揮命令系統

事故災害等に関する報告連絡体制及び指揮命令系統

6.情報の公開に関する事項

貨物自動車運送事業法第24条の3及び貨物自動車運送事業輸送安全規則
第2条の8に基づき当社の輸送の安全に係る事項を所内に公表する

イベントギャラリー

イベントギャラリー